fiat600D ラジエターシュラウドのゴムリング2017年05月25日 21時20分13秒

フィアット600D(1963)CAMの ラジエターシュラウドカバーのゴムリングを
交換すべく 部品を取り寄せました
簡単に交換できるとたかをくくっておりましたが
ところがどっこい ダイナモ外して
まだ抜けぬ
で ウォーターポンプ(3点止め)を外し (大量に冷却水がドッパーっと)
ようやく 外れました
バラバラでんがな

ゴムリングの残骸
走行中にゴムが外れないようにすごい工夫がされております
錆を除去して プライマーいれるの図
外すのは 非常に面倒
塗装後
完成は 後日に

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
丸の中の文字 5文字書いてください フィアッ○、アルファ○メオ、ラ○チア、フェ○ーリ、マ○ラティ

コメント:

トラックバック